もっともスタンダード

虫歯や歯周病は出来てしまってから治療するよりも、出来る前に予防したほうがずっと楽で費用も安くなります。
虫歯や歯周病の予防ができるのがデンタルクリニックの予防歯科です。
予防歯科では「プロフェッショナルケア」と「ホームケアのアドバイス」があります。
プロフェッショナルケアはクリニック内で医師や歯科衛生士によって受けられるケアです。
まず問診や唾液検査などをして歯の状態をチェックして、効果的な予防対策を見つけます。
歯垢染色液で歯垢の付着の状態を調べ、専用の器具で除去していきます。
そしてフッ素を塗って虫歯になりにくい歯に仕上げます。ブラッシングのコツ、デンタルグッズの提案など、自宅で出来るケアのアドバイスもしてくれます。

日本ではまだ予防歯科という分野が誕生して間もないですが、欧米では早くから「虫歯になる前に歯医者に行く」習慣があります。
特に歯の健康に対して意識が高い人が多いのが北欧のスウェーデンです。
スウェーデンでは昔虫歯に苦しむ人が沢山いたそうです。
それを重くみた政府が1970年代にスタートさせたのが「虫歯予防プロジェクト」です。
予防歯科は国家の一大プロジェクトとして国民に急速に浸透し、大きな成功を見せます。
スウェーデンでは子供が生まれる前から両親に子供のブラッシングの指導をします。
そして7割近くの人たちが歯医者の予防歯科を利用して虫歯を予防しています。それに対して日本人は2割程度とまだまだ少ない状態です。